TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2004年06月
ARCHIVE ≫ 2004年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2004年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

愛媛県合唱祭

無事帰宅しました。
何年か振りに出た愛媛県合唱祭、思わずグループ名の由来も披露する事になり(爆)、とまどいもありましたが。。。

自己分析すると、演奏自体は現時点ではまぁまぁあんなものか?という感じです。やはりIo mi sonは難しい。Animaも声の使い分けが大変。少ない練習時間の中で、メンバーのみんなはホントに頑張ったと思います。もちろん、まだまだなところはワンサカあるのですが、それは次の練習の機会に修正しましょう。

とりあえずのベースは出来たので、次にする事は「歌い慣れる事」かな。聴いていて安心出来る演奏、というのが必要になってくる。メンバーも揃ってくれば、もう少し充実出来そうです。


他団体の演奏で個人的に気に入ったものはいくつかあります。自分が会場から出たり入ったりしていたので、聴いていない団体もあって申し訳無いのですが。。。

松山中央高は、とても細やかな音作り。とにかく柔らかい音だった。その中でも「あぁ~、みんなここのフレーズとハーモニーが好きなんだなぁ」という気持ちが演奏から見えて、好印象でした。

新居浜混声は音楽的な密度も高く、音色のコントロールも素敵でした。良い曲と良い演奏の組み合わせ、というのは聴いていて気持ちが良いものです。

久米中学校は、すごく純粋な音色で真摯な音楽作り。パフォーマンスからも、みんなで考えてみんなで花を作って、振りを考えて思考錯誤しながら決めていって・・・、というステージを作る過程が音楽から全部見えて、音楽に一生懸命取り組んでいる姿、そして何よりも音楽自体が素敵でした。

他にも身内?が出ている団体等がたくさんあるのですが、まぁこれはBLOGに書かずに直接言う事にします。というか、もう結構言ったと思うけど(笑)。

という事で、楽しい合唱祭でした。もちろん、打ち上げ1次会、勝手に潜り込んだ2次会も(爆)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。