TOP ≫ CATEGORY ≫ Music

ラッススの課題曲


ラッススという作曲家は昔から大好きなのだ。

軽やかで自由さを感じるというのもその理由の1つ。
フランス北部、ベルギー、オランダ辺りは「フランドル地方」と呼ばれ
文化的な先進地だったそうだが、ラッススはそのフランドル地方の出身である。

ラッススと同時代の作曲家パレストリーナとの違いは
モンテヴェルディほどではなくも、ラッスス作品は劇的な表現の音楽であること。
パレストリーナの穏健な音楽の中には、驚くような深さがあるのだけど
ラッススの場合は、それがもっと前面に押し出され、自由に表現されている感じ。
すでに、バロック時代への橋渡しがはじまっている印象がある。

今年の課題曲G1となっているAdorna thalamum tuum Sionについて
新約聖書ルカ伝の中にある、シメオンの賛歌と呼ばれる部分が題材となっている。
楽譜を見ると、やはり自由さと共に実に劇的な音楽表現が感じられる。

この曲は冒頭から畳みかけるように開始され、豊かに世界を彩っていく。
やがて、動的な場面から静的な場面へ物語は移っていき
シメオンの腕の中のイエスに楽曲全体がフォーカスされる。
そのシメオンによって語られる予言めいた言葉から
その後、1000年以上もの長きにわたりもたらされる福音が
繰り返し歌われるポリフォニーとなって豊かに表現されている。

うーん、名曲。。。

何が素敵かと言うと、
動的な音がやがて一点に集中されていく過程が見事に音楽で表現され、
その一点からフィナーレに向けて、音楽が劇的な拡がりを持っているという事。
何とドラマチックな音楽なのだろう。
まるで巨大な遠近法の劇的な宗教画を見ているようですらある。

----

個人的にただ1つ残念なのは、これだけ深いラッスス愛を語りながら
わたしは、今年はこのAdorna thalamum tuum Sionをほとんど練習しないこと(泣)。
それでもどこかで歌いたい!と思っているので
不定期で開く「ラッスス会」で取り上げることを考えている。
(第2回目はいつになるだろうか・・・)

今年の課題曲(混声)は4曲とも素敵な曲が揃っていて
個人的には、近年稀に見る豊作の年だと思う。
プーランクも三善も公募作、どれもがとても素敵なのだけど
Adorna thalamum tuum Sionの名演をぜひ聴きたいと思っている。

スポンサーサイト

春こん。クラシック・現代音楽部門(2/26)に出演します


今週末の2/26(日)Chorsal《コールサル》は、
東京語合唱連盟主催のヴォーカルアンサンブルコンテスト
「春こん。」クラシック・現代音楽部門に出演します。
場所は「浜離宮朝日ホール 音楽ホール」(東京都中央区築地5-3-2)
出演予定時間は13:35~13:43、混声部門7番目となります。

10年ほど前にも東京のアンコン、、、その当時はTVECという名称でしたが
2年連続で出演したことがあります。懐かしい。。。

今年に入ってからChorsal《コールサル》は、広島県アンコン、愛媛県アンコンと
2つの本番を行いました。今週末がいよいよ3つ目、最後のアンコンとなります。
もちろん狙いがあって3つも出演しているのですが、それについてはまた後日書くことにして
まずは、全員ちゃんと東京の地へ到着して本番に乗れるのか・・・?という情勢です(泣)。

この季節は、やはり体調管理が難しいですね。
現在も、2人の出演予定メンバーがインフルエンザで寝込んでいます。
今週末には復活予定という事で、とりあえず一安心ではありますが
仕事の調整が大変になるだろうなぁ。。。(心配)
今回は総勢13人での出場ですので、1人でも欠けるとかなりアブナイ。。。

出演される各団体の皆さまも、体調管理にはお気を付けください。
素敵な演奏をする団体たちの中で、精一杯演奏してまいります。

「コーラス・どーなっつSUN」が終わりました(その1)


2016年10月8日~10日、中国・四国地方の大学合唱団の交流・勉強を目的とした
第3回目のコーラス・どーなっつ、「コーラス・どーなっつSUN」が行われました。
国立山口徳地少年自然の家でのリハーサルキャンプ、
防府市公会堂での演奏会を行い、135人の若者たちがステージに立ちました。

参加した合唱団は以下の通り。

山口大学混声合唱団(山口県)
広島大学合唱団(広島県)
広島大学東雲混声合唱団パストラール(広島県)
安田女子大学合唱研究会VividNova(広島県)
就実大学・就実短期大学グリークラブ(岡山県)
島根大学混声合唱団(島根県)
香川大学合唱団(香川県)
徳島大学リーダークライス(徳島県)
合唱団ぽっきり(広島県)
合唱団そうなそ(山口県)
Chorsal《コールサル》(愛媛県)

合計11団体。一大イベントとなりました。

わたしは昨年に引き続き、この大イベントに講師の1人として参加してきました。
28歳以下という年齢制限があるイベントですので、おっさんとしてはありがたい限りです。
他2人の指揮者は、
今や日本を代表する大合唱団となった
佐賀県のMODOKI指揮者である山本啓之先生、
広島県で、合唱団ぽっきり、室内合唱団零など多くの合唱団の指導し、
このイベントの最初の発起人でもある縄裕次郎先生です。
また客演ピアニストとして昨年に引き続き、
佐賀県で活動する鈴木めぐみ先生をお呼びしました。

合宿中では、3人の講師による「発声講座・指導者講座・外国語作品講座」が開かれたり
「実践指揮法講座」と題して、3グループに分けた中から希望者が指揮者として立候補し
それぞれにアドバイスを行った後、3日目の演奏会で指揮する指揮者を選ぶ、という
「小さな指揮者コンクール」的な講座もあったりしました。

それは、次世代を担う指揮者を育てるという意味合いと
学生指揮者のレベルアップを通じて、
大学合唱団自体に還元することを目的として行われています。

----

演奏会では、最終ステージで3人の講師がそれぞれ1曲ずつ選曲し
リハーサルキャンプを通じて練習、演奏会での本番を行いました。

Christus factus est(A.Bruckner) 指揮 山本啓之
群青(小田美樹)           指揮 縄裕次郎 ピアノ 鈴木めぐみ
生きる(三善晃)            指揮 大村善博 ピアノ 鈴木めぐみ

3日間のリハーサルキャンプですが、実質2日の合宿、
その中で数々の講座や交流会(飲み会)もあったりするので
1曲あたりの練習時間は2時間半程度となります。
時間のやり繰りが極めて厳しい中を、大学生たちはよく歌ったと思います。
特に、無伴奏の難曲ブルックナーを指揮した山本先生は素晴らしい。。。

(つづく)

第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その5・ラスト)


自分のコンクール本番などなどですっかり間が空いてしまいました。
そうこうしていたら、今度は今週末が中国合唱コンクール!
早く終わらせなければ…という事で、ラストです。

大学職場一般部門 混声合唱の部

3.Kammmerchor “Hiroshima Kantorei”(混声34)
(G1 / ラインベルガー “Messe in Es Cantus Missea” より “Credo”)


カントライは中国合唱コンクールへ出場を決めたので
感想は簡単に。。

この広島県コンクールで、広島カントライはコンクール大賞(理事長賞)を受賞しました。
個人的に、非常に感銘を受けた演奏でした。
昨年から合唱コンクールにエントリーしたのですが
惜しくも県大会止まりではあったのですが、
その時点ですでに優れた演奏をする団体でした。

課題曲・自由曲ともに、音楽が息づいているような演奏。
言葉の語感と音楽が共に脈動していて、聴いていて演奏に引き込まれました。
ラインベルガーのドッペルミサは、音楽のスケールの大きさに圧倒。
同時に、細やかさを感じる演奏でもありました。
それは、ミサ曲であっても言葉の語感をしっかりと作った上で
音世界の中に落とし込んでいるから。

中国合唱コンクールでも良い演奏となりますように!

----

ここでわたしは席をはずしてしまいました。
広島市役所合唱団の演奏が聴けずちょっと残念。
全国コンクールで職場の部があったころは中国支部の常連団体、
たくさんの作曲家の「エレミアの哀歌」を選曲するなど、こだわりの団体です。
来年聴けるといいな。。。


大学職場一般部門 同声合唱の部

2.コ-ル・ビビッド(女声18)
(F2 / 寺嶋陸也 「君死にたまふことなかれ」)


コール・ビビッドも、中国合唱コンクールへの出場を決めているので
感想は簡単に。

課題曲の山の歌第3番、歌詞がないヴォカリーズの作品ですが
ビビッドの持つ美しいサウンド感が音として構築されていき
立体感ある演奏と感じました。さすがの演奏。
自由曲、これは少々苦戦したような印象がありました。
テーマが重い作品を、どのように演奏に反映させるか?という部分で
どちらかというと、テキストの持つ意味よりも
美しい声・ハーモニーを聴かせる方を優先させたのかな?
さらに言葉・音の世界に踏み込めるかも?と感じました。
聴き手の耳を掴むのが上手い合唱団なので、更に…!と思うのです。

ただ、県コンクールから3週間程度経ったので、
すでにあの時のレベルとは違うところに行っているはず。
若い女性で構成されている合唱団だけに、
テキストの持つ重みをしっかりと咀嚼して演奏することに大きな意味があるかも。
今週末の本番で、納得の演奏が出来ますように!

----

以上、広島県合唱コンクールの感想はおしまいです。
いち地方の県大会ですが、レベルの高さに本当に驚きます。
ライバルがいるから切磋琢磨出来る。
そういう環境があるのは(競うのは大変ですが^-^;;)ありがたい事かもしれない。

そんなことを考えさせられた広島県合唱コンクールでした。
帰り道に、広島風お好み焼きをガッツリ食べて、
耳もお腹も大満足!!!

また来年、ぜひ聴きに行きたいな!

(おしまい)

第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その4)


合宿とかいろいろあって止まってましたが、
広島県合唱コンクールの感想はまだまだ続きます!
本当に大変な部門。。

大学職場一般部門 混声合唱の部

1.合唱団 ある(混声50)
(G2 / 千原英喜 「世の中には途法も無い仁もあるものぢゃ」)


「合唱団ある」は、広島県合唱コンクールを突破して中国合唱コンクールにコマを進めました。
なので簡単な感想だけ書いておきます。

課題曲、雄大さと味わいがあって、歴史を重ねた大合唱団の風格を感じました。
言葉の色が少しずつ変わっていったり、音の向かう方向が見えたりするところが
とても素敵でした。
自由曲は、千原先生の新曲でした。
ダイナミックで、喜劇の要素がふんだんに織り込まれた作品、
掛け声などもあり聴いていて楽しかったです。
あえて言えば、もう少し強音で張りのあるサウンドが作れたら
全体のメリハリが付くかもしれません。
言葉がモヤモヤっとする箇所がいくつかあって、
また、全体を通した時にトーンが似てしまうのが少々気になりました。
それは語感の部分ではなくサウンドとしての洗練度という意味で
さらなるブラッシュアップが必要なのかもしれません。

とはいえ、合唱団の歴史を感じる演奏というのはすごいです。
音の奥行きがあって、たくさんの色が混じり合っている。
味わいの部分では、このコンクール随一の団体だったと思います。


2.合唱団 ぽっきり(混声40)
(G2 / プーランク “Kyrie” / ラウタヴァーラ “Gloria”)


今回の混声部門で涙をのんだのが、合唱団ぽっきりとなってしまいました。
とはいえ、合唱団それぞれの持ち味を十分に出した演奏だから
審査員の先生方も困ったに違いないです。魅力がたくさんある演奏でした。

課題曲。合唱団あるとは違ってぽっきりは若い団体なので
音の持つエネルギーはぽっきりの方が感じられます。
サウンドがストレートに客席に届いてきて心地が良い。
コダーイの持つ味わいという部分は、もう少し欲しいと感じたのですが
こちらも大合唱団らしくしっかりと聴かせきった演奏だったと思います。
洗練された演奏と感じるだけのクオリティがありました。

自由曲、これも課題曲と印象は同じです。
良く整理されていて骨格の良く見える演奏。エネルギー溢れる演奏だと感じます。
サウンドに統一感があるので、聴いていてストレスが無くすっと耳に入ってきます。
こういうところが最大の長所なのだと感じます。
指揮者の縄さんの棒も振り過ぎず、抑制された統一感のある美しいもので、
合唱団はそれに良く応えた演奏だったと思います。

トータルで少し気になったのは「味わい」の部分、
言葉の色や演奏のトーンの変化をもっと感じたいと思いました。
例えば、コダーイやGloriaなどは言葉の中にもっとドラマがあるのだろうと思います。
音の美しさは十分に持っているので言葉の持つ色や熱量が加わっていけば
演奏がさらに深まるのではないかと感じました。

とはいえ・・・これだけのクオリティを作り出す合唱団ぽっきりは、
やはりすごいです。演奏者の情熱は十二分に伝わってくるステージでした。

客席でこの混声部門の2団体を聴きながら、
もうどっちがどうなのか、さっぱり判らない状態に…。
どっちもそれぞれの良さを十二分に発揮している。選べないよね、と。。

(つづく)