スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

プロフェッショナル仕事の流儀 樫本大進


最近はテレビを見なくなって久しいのですが、
今さらながら、「プロフェッショナル 仕事の流儀 樫本大進」を見ることができました。

いやはや、本当に素晴らしい。
素晴らしいのは演奏を見て知っていましたが、樫本さんは真のスーパースターです。

スポーツの世界で言えば、
サッカーの本田選手やMLBのイチロー選手、大谷選手と何ら変わらないです。
それぐらい、注目の人物として扱われてもおかしくない。

圧倒的な実力を持つコンマス、そしてベルリンフィル、
その根底に流れるのは、良い音楽を作り上げるという意識と意欲。
そんなの当たり前のことながら、その意思の強さは他の追随を許さないオケなのだな・・・と。
道を極めた人の言葉は、珠玉の輝きがありますね。

ここで多くを語るよりも、まず自分で思ったことを実践してみよう。
そんなことを考えています。自分には大したことは出来ないとか思わずに、
自分自身で限界を決めずにやってみよう、と。

スポンサーサイト

言葉の向こう側


言葉を発するとき、いろいろと用心深くなっているような気がして、
ただそれは決してネガティヴなものではなく、
想いを正確に伝えたい、という気持ちが高まっているのだろうと思います。
そう思えるまでには、ずいぶんと遠回りをしてきた。

若いころは、とにかく何でもいいから自分の面白がったことを話したり
単純にウケ狙いだったことも多くありました。
また、ムダに人を怒らせたりイライラさせたり、という事も多かった気がする。
しかし、そういう経験があるから今があるのでしょう。

今、自分の周りにいる人たちは「偶然」いる人たちとも言えるけれど
同時に、居るべくして居る人たちとも言えると思います。
奇跡のように、今という瞬間を共に歩んでいる人たち。

良い音楽をするためには、音楽について深く考えるのは当然として
自分の周りにいる人たちが幸せになるためには、どうしたらよいのか。
「音楽は人なり」という、余りにもきびしい言葉に向き合っています。

久しぶりに、つれづれに。


最近、めっきりとブログの記事を書かなくなってしまいました。

それは決して、書きたいことが無いわけではないのですが

ネットであえて自らの言葉を語る必要があるのだろうか?と思っていたからです。

それは決して斜に構えているとかではなく(笑)

今のわたしは、沈黙することに意味がある、という感じでしょうか。


想いを言葉に変えていくときに、

必ず、言葉になれずにこぼれ落ちてしまう想いがあって

それにかまわずに言葉を出し続けていくと

言葉にできなかった想いが、どうしても自分の中にあふれてしまう。

言葉は、自分の想いとは少し違ったところで言葉になってしまっているから

自らの想いと、発した言葉とのギャップが埋められなくなる。

というのが、今のわたしのような気がしています。


言葉は自分の想いと関係なく、知らないところへ飛んで行くのではなく

言葉は想いと共にあってほしい。

そして願わくば、音楽もそれらと共にあってほしいと願います。

今のブログの沈黙の時間は、それを取り戻す時間なのかも。

----

とはいえ、ずいぶんと長いあいだ沈黙してきました(苦笑)。

いろんな演奏会やコンクールもあったし

自分のやってる合唱団の演奏会もあったのに何も書かず、

いくらなんでもちょっとヒドイ(泣)。

そんなこんなで、ブロガーとしての自分を反省をしています。

少しだけ(笑)。

もう少し、地に足を付けた文章が書けると良いのですけどね。

少しずつ、そうなることを願いながら。

想いを繋ぐ

誰かが何かを必ず思っていて
その思いを持っているのが素敵な人であればあるほど
その想いは繋がれるのかもしれない、と思った。

自分にそんな大きなことは出来ないけれど
自分の周りに今日はそういう事が溢れ返っていたと思う。
今日はそんな素敵な日だった。
お会いした皆さまに感謝。
ありがとうございました。

記憶に残る音楽


聴いた人の記憶に、長く残る音楽がしたいと思っています。


先日上京して、素晴らしい経験をされた方々とお話をした時に感じた事があり、
また東京で買った本を読んでいて、その方々の話と通じる事が書いてあって感心し、
またその新しい本に、しばらく昔に読んだ本と同じ事が書いてあって驚き。

著者も、書かれた時期も全く違う、その2冊の本に共通して書いてあったことは
「(要約)高度な技術と美音で過度な表現をした音楽は、聴いた人の記憶に残らない」
というものでした。バッサリ(笑)。
そしてさらに共通していたのは

「そのためには、ヴィルヘルム・ケンプを聴いて学ぶべきだ」

というものでした。もちろん他にも共通点はいろいろあるのですが
最後の結論は同じ。ちょっと驚いた。
そういえばヴィルヘルム・ケンプ、手持ちのCDが3枚ほどあります。
前に聴いた時は今一つ、良く判らなかったけど。。


帰京後に体調を崩してしまい(泣)、ようやく今日午後ぐらいに復活したのですが
ヴィルヘルム・ケンプを聴いておりました。
ベートーヴェンピアノソナタ30~32番。

聴きながら、前よりは少し思うところが出てきたかもしれない。
結局、構造を把握しているかどうか?が、音楽にもろに出てくるのだな、と。


良い示唆をいただいた事に、感謝。
今後もいろいろとお話を聞かせていただきたい、と感じた上京となりました。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2018年は、いきなりハイペースで駆け抜けなければ!です。
2月18日のChorsal《コールサル》7thコンサート、
3月4日のCAアンサンブルコンサート、
5月20日の犬猿戯画(合唱団あべ犬東&コールサルジョイントコンサート)、
何と東京開催!!\(^o^)/
ここまでは息つく暇も無さそうです。

ただ、もっと多くのコンサートをされている方もいらっしゃるので
余り大変だーと書くのもどうかな?とは思いますが、
やっぱり大変だーf(^_^;

しかしその分、楽しみも大きい!

まずは2月18日の7thコンサート!
「初めての混声合唱組曲1」と題して、
新実徳英作曲「幼年連祷」(客演指揮 山本啓之)、
高田三郎作曲「わたしの願い」という2曲を並べて演奏いたします。
(シリーズ化の予定です)

合唱音楽の古典と共に演奏するのは
森田花央里作曲「石像の歌」という作品。
素敵な曲です…(T0T)

ーーーー

まずはこの曲たちに立ち向かうのが、年明け最初のミッションです。
今年も充実の1年となるよう、頑張りたいと思います。

さて、初譜読みをしなければ…d(^-^)

愛媛大学合唱団第63回定期演奏会


1年が経つのは本当に早い、と毎年思うのですが
やっぱり今年も同じことを思いました。あっけない。


愛媛大学合唱団第63回定期演奏会
12月23日(土・祝)14:00開演
 松山市民会館大ホール


Opening
  愛媛大学 学歌
  指揮 河野汐音

1st 混声合唱曲集「ぶどう摘み」より 作曲 新実徳英
  指揮 西川勇哉  ピアノ 塚本愛

2st 企画ステージ「勇気物語 ~Story of Brave~」
  指揮 河野汐音 / 西川勇哉

3st When David Heard 作曲 Eric Whitacre
   Water         作曲 Andres Edenroth
  客演指揮 大成研三

4st Miskinis アラカルト
   Cantate Domino
   Gloria
   O saltaris hostia
   Ave Maria
  指揮 河野汐音


3年ぶりの全国コンクールへ出場した愛媛大学合唱団、
一般団体の演奏をほぼ全員で聞き、東京でたくさんの刺激を受けたそうです。
オープニングの学歌の第1声を聞いた時に、その変化を感じました。

声というのは本当に正直ですね。
おそらく本人たちは全く判らないと思いますが。

ここ何年か、停滞していると感じる歌声でしたが
それがしっかりと動き始めた印象。

地方で活動するというのは、他団体を聴く機会が圧倒的に少ない。
都会に居たらいくらでもある他団体交流が、ほぼゼロに等しいというのは本当に大変なのです。
自分たちは自分たちの事をする、というところで完結している印象が
ここ何年か続いていたのですが、全国コンクールを経験したことで、それが変化し始めている。

おれたちにはまだまだ上があるんだぞ・・・。
そんなことを体感している音がする。

以下、各ステージの簡単な感想を。

第1ステージ、副指揮者・西川くんの指揮。
70人ぐらいの演奏ですから、厚みのあるサウンド感で音楽が作られていきます。
楽譜に書いてあることを着実に実現しようとした演奏、と感じました。
その点ではある程度の成功はしていた。
ただ、そこから1歩出る演奏を、聴く側としては期待しています。
抜粋で6曲演奏していましたが、聴いた側の印象としては全部が似てしまいました。

来年へ向けての課題、ということでしょうか。

第2ステージ、企画ステージ。
面白く聴けた・見れたのですが、
まぁ当然というか、合唱付きRPGを見ている気分でしたf(^_^;
そういうイメージだったのでしょうね。
あと、叫び声が多かったなぁ。。。とf(^_^;

第3ステージ、客演指揮者ステージ。
客演指揮者として初めて、大成研三先生をお迎えしての演奏でした。
ウィテカーとエーデンロート、という大成先生ならでは?の組み合わせ。

このステージで、本当に久しぶりに愛媛大学合唱団のポテンシャルを聴いたというか
(何年振りなのだろう…と聴きながら思った)
音楽がステージの上で鼓動している雰囲気が心地よくて
非常に楽しいステージでした。
ペットボトル?も良かったねぇ。。

第4ステージ、ミシュキニスセレクション。
コンクール自由曲を含むステージです。
どの曲も、とても感心しながら聴きました。

例年、コンクール曲として取り上げた曲のクオリティだけが高い、
というパターンが多いのですが、そんなことはなく
取り上げた4曲すべての演奏クオリティが高かった。
合唱団の持つポテンシャルを存分に引き出した、指揮者の力量だと思います。
曲の場面ごとの表情付けもなされていて
聴いていて耳飽きることなく、最後まで集中して聴くことが出来ました。
とっても良かった。

1年間かけて練り上げてきた演奏が、
合唱団としての「1年分の想い」という方法でなく
音楽的な部分で聴けた演奏だった、というのが、とてもうれしかったのです。

----

こうやって、また1年が過ぎていきました。
毎年思う事ですが、全力で駆け抜けた人にだけ判る事があるのだと思う。
駆け抜けている時は何が何だか判らないのだけど
使命が終わって振り返った時に、
そのやってきたことの価値が見えてくるのでしょうね。

素敵な演奏会をありがとうございました。
良かったです。

石像の歌、ふたたび。


森田花央里さん作曲の「石像の歌」。

一昨日の練習で、四国コンクール以来3か月ぶりに、練習しました。
今回は、2/18に行うChorsal《コールサル》7th.コンサートの「公募ステージ曲」として。
40人弱での練習となりました。

久しぶりに音にしてみて感じた事。

この曲は、生きている心の感情が溢れ返っていると思った。
何て生々しい音たちなのだろう。
うかつに触ったら、痛みを感じるのではないか?という音たち。

コンクール自由曲として練習しまくったので
改めて歌う事でどんな風に感じるのかな?と、興味はあったのですが
あの時とは違う表情を見せる演奏になる気がします。

そして、
あぁここはやり切れなかったんだなぁ。。(苦笑)、というところにも改めて気が付き
もう1回「石像の歌」の本番を迎えられることに、心から感謝しています。

・・・改めて音にしてみて、すごい曲でした。
曲に自分が捉えられて離されない感覚。
「石像の歌」の音世界が、自分の中でグルグルと周り続ける。。。
いやはや。。。

次回練習は1月14日(日)の予定です。
そして、12月24日にも少しだけ練習予定。
とても楽しみです。


・・・他の曲も頑張ろう。。。大汗

全日本合唱コンクール全国大会雑感(その3)


早くも、来年度のコンクール課題曲が発表されましたね。
http://www.jcanet.or.jp/Public/meikyoku/meikyoku-index.htm
まだ日曜日に終わってから1週間経ってない、早い…f(^_^;

今年の課題曲、個人的な感想ですが選ばれたどの曲も素敵だったと思います。
特に、近年は課題曲公募作品がどれも素敵で、魅力的。
朝日作曲賞が単曲ではなく、合唱組曲としての募集になってから
作られる作品の傾向も、音楽と詩の深みを感じさせる作品が増えたように思います。

----

今年の全国コンクール、芸術劇場は携帯電話の電波をブロックしているらしく
わたしが居た範囲では、電話が鳴ったりすることはありませんでした。
ただ逆に、プログラムをバサッ!と落とす音が何度も響き渡って・・・f(^_^;

東京都連の三好事務局長が、ステージ上からの諸注意の中で
「プログラムを落とさないように・・・落としたものをさらに拾いに行かないように・・・w」
と言っていたのが耳に残っていて、プログラムを落とす音が聞こえるたびに
(・∀・)ニヤニヤしてしまいました。

----

今年の全国コンクールは、近年感じる傾向が一段と強くなってきて、それは
「全国選りすぐりの団体によるジョイントコンサートを聴いているような気分」
に感じるというところ。
昔のように、もう自分たちの団体の賞のことしか考えていない団体は無くなって
それぞれが自分たちの音楽を懸命に披露している連続演奏会。
どの団体もホントに素敵で、輝いていました。
良い時代になったものだ。。。

逆に、欲張りかもしれませんが25年前ぐらいのように
「合唱音楽の地平の彼方を見せる!」
と言った合唱の可能性の真価を問う選曲をしてくる団体は減ったと思います。
そう言う点で、VOCE ARMONICAは凄まじい選曲&演奏でした。

全団体がアルモニカみたいな感じになると、さすがに窒息死してしまいそうですがf(^_^;
音楽の広がりと可能性を十分に聴かせるコンクールだったと思います。


いやぁ、今年も楽しかった!!ヽ(^o^)丿

全日本合唱コンクール全国大会雑感(その2)


昨日の続きです。

10年前の全国コンクール(2007年)記憶がイマイチ定かではないのですが
まだまだ「コンクール」だったような気がします。
いや、今年も間違いなくコンクールなのですが(笑)。

参加して、また演奏をしてみて感じたのは
「お客様の拍手が温かい」
という事。
わたしが見た限りではすべての団体で、
最初の1人目の入場から拍手が始まり、退場する最後の1人まで拍手が続いていました。
10年前は、まだピリピリしていたかもなぁ、と思わなくもない。
静かに入場してきて、指揮者が礼をする時に初めて拍手!という光景は
いつもの事だったと思うのです。

2006年に始まった「史上かつてない2次会」も2周目に入り
自分の団体の事だけを考えて全国コンクールへ行って歌い、打ち上げて帰る、
という団体はほぼほぼ無くなったのではないでしょうか?

文吾さんがBLOGで全団体の紹介をするために、各合唱団と情報のやり取りをし
「観客賞」企画を独自に行っているのも、そういう交流の大きな力になっています。

合唱コンクール、歌いに行く、勝ちに行く、という時代は終わっていますね。

どんな演奏が聴けるのだろう?
この曲を絶対に聞いてみたい!
あの団体の演奏が好きだ!
年に1回は、遠方のヤツに会えるのが楽しみだ!
史上かつてない2次会で、たくさんの人と話をしたい!

そんなポジティヴな声に満ちていると感じた、今年の全国コンクールでした。

松下耕先生がいつもおっしゃっている
「お互いを認め合う合唱」
に進化していっていると思います。

果たして10年後、東京に全国コンクールが戻ってきたときに
どういう合唱シーンが生まれているでしょうか。
更に豊かな音楽が満ちている事を、心から願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。