ラッススの課題曲


ラッススという作曲家は昔から大好きなのだ。

軽やかで自由さを感じるというのもその理由の1つ。
フランス北部、ベルギー、オランダ辺りは「フランドル地方」と呼ばれ
文化的な先進地だったそうだが、ラッススはそのフランドル地方の出身である。

ラッススと同時代の作曲家パレストリーナとの違いは
モンテヴェルディほどではなくも、ラッスス作品は劇的な表現の音楽であること。
パレストリーナの穏健な音楽の中には、驚くような深さがあるのだけど
ラッススの場合は、それがもっと前面に押し出され、自由に表現されている感じ。
すでに、バロック時代への橋渡しがはじまっている印象がある。

今年の課題曲G1となっているAdorna thalamum tuum Sionについて
新約聖書ルカ伝の中にある、シメオンの賛歌と呼ばれる部分が題材となっている。
楽譜を見ると、やはり自由さと共に実に劇的な音楽表現が感じられる。

この曲は冒頭から畳みかけるように開始され、豊かに世界を彩っていく。
やがて、動的な場面から静的な場面へ物語は移っていき
シメオンの腕の中のイエスに楽曲全体がフォーカスされる。
そのシメオンによって語られる予言めいた言葉から
その後、1000年以上もの長きにわたりもたらされる福音が
繰り返し歌われるポリフォニーとなって豊かに表現されている。

うーん、名曲。。。

何が素敵かと言うと、
動的な音がやがて一点に集中されていく過程が見事に音楽で表現され、
その一点からフィナーレに向けて、音楽が劇的な拡がりを持っているという事。
何とドラマチックな音楽なのだろう。
まるで巨大な遠近法の劇的な宗教画を見ているようですらある。

----

個人的にただ1つ残念なのは、これだけ深いラッスス愛を語りながら
わたしは、今年はこのAdorna thalamum tuum Sionをほとんど練習しないこと(泣)。
それでもどこかで歌いたい!と思っているので
不定期で開く「ラッスス会」で取り上げることを考えている。
(第2回目はいつになるだろうか・・・)

今年の課題曲(混声)は4曲とも素敵な曲が揃っていて
個人的には、近年稀に見る豊作の年だと思う。
プーランクも三善も公募作、どれもがとても素敵なのだけど
Adorna thalamum tuum Sionの名演をぜひ聴きたいと思っている。

スポンサーサイト

Noema Noesis×Chor Doma ジョイントコンサート 渦動


今年のゴールデンウィーク、
5月6日(土)に福岡市で開催されるジョイントコンサートの紹介です。
Noema Noesis×Chor Doma ジョイントコンサート 渦動

ノエマ・ノエシスという、哲学者フッサールが使った言葉を名前に持つ団体と
コール・ドーマという、ちょっと謎めいた由来(笑)を名前に持つ団体のジョイントコンサート。

ノエマ・ノエシスは、昨年東京で開催された演奏会を聴かせていただきました。
作曲家・指揮者の堅田さん率いる、若く勢いがあって音楽的に優秀な団体です。
第3回のJCAユースクワイアから生まれた団体なだけに
難曲を軽々と歌いこなす力量も素晴らしいですが
何より、音楽に個性と主張が溢れている団体だと感じました。

コール・ドーマは、福岡の才人である寺田さんの下に結成された若い団体。
クリアなサウンドと高いアンサンブル力が魅力です。
ドーマには、アンサンブルは魅力を通り越して団是?としているところも感じられて
彼らの演奏のなかには、挑戦するエネルギーと冒険心がいつも溢れかえっています。

この個性的な2団体のジョイントコンサートでは
指揮者を公募して、この2団体を振っていただこう!という企画もあるとか?
誰が登場するのか、わたしは知らないのですが。
それにしても面白いことを考えますね!

そしてわたしが個人的に注目しているのは
Chor Domaが演奏する「石像の歌」という作品です。
3年前の全日本合唱コンクール課題曲の公募作の作曲家、森田花央里さんの作品。
「石像の歌」は昨年、東京の合唱団「CANTUS ANIMAE」によって委嘱初演されました。

個人的にも超おススメのジョイントコンサート、
お近くの方はぜひ足をお運びください!
(以下、HPより引用)

----

2017年05月06日(土)
開場: 13:30/開演: 14:00
FFGホール(福岡県福岡市)
予約一般 前売券2,000円 当日券2,500円
予約学生 前売券1,500円 当日券2,500円

Noema noesis(指揮:堅田優衣)
Chor Doma(指揮:寺田有吾)

★曲目(抜粋)
Noema Noesisステージ
堅田優衣 「UPOPO」
Per Nørgård Wie ein Kind より 「Wiigen-Lied 」
Toivo Kuula Siell' on kauan jo kukkineet omenapuut

Chor Domaステージ
『Missa pro Pace』より
「Kyrie」「Gloria」 作曲:佐藤賢太郎
「石像の歌」原詩:リルケ 訳詩:森田花央里 作曲:森田花央里

企画ステージ
2017年度全日本合唱コンクール課題曲

合同ステージ
Makaroff Kaikki maat, te riemuitkaatte (全世界よ、歓喜せよ)
Kuula Siell' on kauan jo kukkineet omenapuut (そこにはずっとりんごの木があった)



何かを発信するならば(その2)


前回の続きというか、関連のあるお話。

わたしは、Twitterを実際に使い始めて5,6年経つのだと思います。
使っていて実感するのは「短いセンテンスで物事を伝える筆力が不可欠」という事。
今の若い人たちは本当に上手だし、面白いですね。
キャッチーな言葉や、尖がっている内容だったり、目を引いてしまう言葉使いなど。
そういうモノがあると、呟きはとても面白く読めます。
いやいや、ホントに面白い。。。

もう1つ象徴的なのが、それらも「すべて流れ去っていく」という事。
どんなイイ事を書いたとしても、どんなに面白くても、すべてツイートラインの流れの向こうへ消えていく。
何とも刹那的です。だからなのでしょうか?
必要以上に刺激的な言葉のツイートが目を引き、印象に残ります。

どういうアイテムを使うか?という事が、人間の行動原理や思考回路を変えていくものです。
馬が最速の交通手段だった時代、汽車、飛行機・・・。
ラジオからテレビ、そしてインターネットへ。
それに合わせて人間は、生き方考え方を変えてきました。
という事は、TwitterやFacebook、LINEなども
間違いなく現代人の思考を変化させているはずです。
しかもそれはここ5年ぐらいの話のはずです。
あと5年後に今を振り返ると、強烈な変化が見えるかもしれません。

----

昨日の記事で
「今は、音楽を作るには「容易さ」「早さ」が大切な条件となっている。」
と書きました。
そしてもう1つ、「解りやすさ」という条件も入ってくるはず。
それが良い悪いという話ではなく、今がそういう時代なのだと思います。

この3条件が好きか?嫌いか?となると、また別の話となりますが
今はこの3つの条件の、最低どれか1つは不可欠なのかもしれない。
これに対応できなければ、時代に取り残される(苦笑)。

むしろ、そこから学べることは無いだろうか?
合唱音楽の演奏自体も、時代を経て変化していくはず。
古き良きものを次の世代へ伝えていくこと、
今を生きる人たちのための音楽であること、
どちらも大切なことだと考えています。


何かを発信するならば


このBlog、コールサルHP用のコンテンツとして書き始めたもので
開始したのが2004年5月末でしたから、もう13年になります。

まだBlogというものも珍しく、HPを持っている合唱団は多くありましたが
まだまだ黎明期と言ってよいかもしれません。
あの頃は、わたしも記事をジャンジャン書いていました。
めずらしさも手伝って、書きまくっていた気がします。
ちょっとした使命感のようなものもあった気がf(^_^;
全国コンクール出場団体の紹介文を(勝手にw)書き始めたのもこの頃。
ちょうど愛媛県で開催されるという事で、コールサルメンバー向けに紹介文を書いたのでした。

その頃と比べると、今は隔世の感があります。
演奏の感想もTwitterで即時流れる時代になりました。
Twitterが無かったころは、Blogがその代わりをしていたところもあって
重宝されたものでした。(遠い目)

先日選曲をしていて思ったのですが
今はYoutubeもニコニコ動画もあるので
聴いてみたい曲の音源があっという間に聴くことが出来ます。
知識を得るのも、ネットを使えばほぼ何でも手に入る。

昔と比べて、すごい早さで物事が進んでいく。
今は本当に恵まれていると思う。
そしてネット環境が無い時代を知らない若者たちは、
今が早いのだ、という事を知らないはずです。
そしてこれからは、もっと早くなっていくのでしょう。
きっと、瞬時の時代が来る。

しかし、合唱音楽という超アナログなものを作り上げる過程にかかる手間は
当然の事ですが全く簡単になっていません。
むしろ逆に難しくなっているかもしれない。
「人の心」よりも先に、物事が進んでいってしまう危うさ。

だから今は、
短時間で気持ちを判りやすく重ねることが出来る曲やシステムが
「良いもの」とされているような気がします。
今は、音楽を作るには「容易さ」「早さ」が大切な条件となっている。

----

モノの価値というものは移ろいで行くもので、永遠ではない。
同時に、人の心の根っこの部分はどの時代も変わらないとわたしは信じています。
そこにこそ、わたしは何かを発信する意義を見出しています。
これからも変わっていくものと、ずっと変わらないもの。
その2つを埋める音楽を求めていきたいと、わたしは考えています。

「今から百年後に・・・」というタゴールの壮大なスケールの詩がありますが
そこまで遠大でなくとも(笑)、
次世代へ渡していくために今すべきことがある気がします。
その一助となるべく、これからも活動をしていこうと思っています。

Chorsal《コールサル》の新ホームページ


また久しぶりになってしまいました。

Chorsal《コールサル》という団体が結成されたのが2000年2月、
そして初代HPが完成したのが、このBlogが始まったのとほぼ同時期。
たぶん2004年5月のはずです。
Blog「指揮者の独り言」は、コールサルHPの1コンテンツとしてスタートしました。

コンクール絡みの連載をした関係で、コールサルよりもBlogの方が有名になったりして
それってどうなのよ?という感じでしたがf(^_^;
今はどうなんでしょうね。

そんなコールサルHPが、2017年4月2日にリニューアルされました。
4月1日には出来ていたのですが、ほら、エイプリルフールに発表しても…(笑)。
今回のHPは第4代目となります。情報も多くてスッキリ。
自画自賛のお気に入りです(笑)。
https://chorsal.jimdo.com/

ぜひ一度ご覧ください!\(^o^)/

そして、春は出会いの季節。
このHPをきっかけに新たな出会いがありますように!

春こん。に参加してきました


先ほど帰宅、大変疲労しております。。何でかな?と考えると、よく歩いたからでしょうね。
田舎は車社会なので、東京滞在中は地元に居る時の数倍歩くことになります。
今回はちょっとしんどかったですね。。

2月26日、浜離宮朝日ホールで開催された「春こん。現代音楽部門」に参加してまいりました。
メンバーは様々なアクシデントを乗り越えようと十二分に努力していたし
その点では本当に良くやった!と褒めたい気分です。
今回もやり切った演奏が出来た気がします。

ただ、演奏の出来としては・・・。( ゚Д゚)

いろいろと思うところがありますが、
ただ演奏後にいろいろ書いても言い訳に過ぎないし
聴いてくださった皆さまからいただいた感想と、
審査員の先生方の評価が的確に表しているでしょうから
いろいろな角度から分析して、皆で共有していきたいと思います。

あと感じたのは、春こん。はやはりレベルが高い!!
絶対評価での審査というのも厳しいですし、出てくる団体がどこも洗練されている。
選曲もバラエティ豊かだし、層の分厚さを非常に感じました。
東京恐るべし。
よい勉強となりました。ありがとうございました。

----

今回の前日・当日練習の2日とも、
合唱団あべ犬東の皆さまに見学していただきました。
来年、ジョイントコンサートをしよう!という企画が進行中です。
時期詳細未定ですが、東京開催ということだけは決定しています。
わたしは個人的に存じ上げているメンバーも多いのですが、
今回の春こん。で、合唱団同士としては初遭遇となり、いろいろと楽しみです。

----

とにかく3つのアンコンに出るというのは、結果として得たものがとても大きく
ちょっと無謀ではありましたが(苦笑)、仲間とともに駆け抜けられたし
今後の課題もハッキリしたし、企画としては成功したと思っています。

本番後、メンバー何人かと築地場外市場へ昼食を食べに行き
マグロ丼と生ビール(昼間からスミマセン)で労い合うことが出来ました。
良い時間、楽しい時間でした。

帰りの行程は、26日中に帰るメンバー、27日に帰るメンバーがいるため
その打ち上げの輪からメンバーが少しずつ抜けていきます。

「お疲れさまー。また松山で!」

さっきまで声と思いを重ねて1つのモノを作っていた仲間が帰っていく。
もうあのステージの瞬間は2度と戻ってくることはなく、
確かに今回は万全の演奏では無かったかもしれないけれど、
こうやって東京の地で歌い切ったことは。1つの小さな奇跡だったのかもしれない。

こうやって、合唱での一期一会がまた1つ終わりました。
次にどういう思いが重なっていくだろう。
これからもまた、松山の地で精進していきたいと思います。

春こん。クラシック・現代音楽部門(2/26)に出演します


今週末の2/26(日)Chorsal《コールサル》は、
東京語合唱連盟主催のヴォーカルアンサンブルコンテスト
「春こん。」クラシック・現代音楽部門に出演します。
場所は「浜離宮朝日ホール 音楽ホール」(東京都中央区築地5-3-2)
出演予定時間は13:35~13:43、混声部門7番目となります。

10年ほど前にも東京のアンコン、、、その当時はTVECという名称でしたが
2年連続で出演したことがあります。懐かしい。。。

今年に入ってからChorsal《コールサル》は、広島県アンコン、愛媛県アンコンと
2つの本番を行いました。今週末がいよいよ3つ目、最後のアンコンとなります。
もちろん狙いがあって3つも出演しているのですが、それについてはまた後日書くことにして
まずは、全員ちゃんと東京の地へ到着して本番に乗れるのか・・・?という情勢です(泣)。

この季節は、やはり体調管理が難しいですね。
現在も、2人の出演予定メンバーがインフルエンザで寝込んでいます。
今週末には復活予定という事で、とりあえず一安心ではありますが
仕事の調整が大変になるだろうなぁ。。。(心配)
今回は総勢13人での出場ですので、1人でも欠けるとかなりアブナイ。。。

出演される各団体の皆さまも、体調管理にはお気を付けください。
素敵な演奏をする団体たちの中で、精一杯演奏してまいります。

言葉の力(愛媛県合唱指導者講習会で)


随分久しぶり、そして今年初めての更新となります。

今年も、当Blog「指揮者の独り言」をよろしくお願いします。


さて昨日2/19は、愛媛県合唱連盟主催の第1回合唱指導者講習会が
本山秀毅先生をお迎えして行われました。全3回のシリーズとなる予定だそうです。

愛媛県内の各団体の合唱指導者、リーダーたちが集まっての講習会、
他県では普通のことかもしれませんが、画期的な事業でした。
指導者といっても、合唱団の違いは多岐に渡るため、
本山先生もどこにフォーカスしてお話していいか?にずいぶんと苦慮されているようでした。
一番多かったのが中高合唱部指導者だと思われ、
その方々へのメッセージが多かったような気がします。

ただ、子どもたちへの指導方法は、大人たちへの指導にそのまま使えるものばかり。
(逆は難しいですが)
非常に示唆に富む講習会となったことに、感謝しています。

本山先生の講習会、本山先生の音作りのやり方やコンセプトを一通り説明しながら、
また途中から先生が実際に合唱団を指導して…という時間もあり、
納得するところばかりの内容でした。


個人的に得るところが非常に多かったのですが
個別の内容はともかく、1つに主役するとすれば
それは「言葉の力」という事になります。

個人的に疑問に思っているところや、あいまいなままやっていた部分も
講習会でお話するということは、具体的な内容と言葉が一致しているわけで
自分のやっていたことが言語化して補完されたり
どこが謎なのか?も判らないところが、はっきりと言葉で説明できるようになったり
本山先生の方法論や考え方と、自分の方法論考えてきたこととの同じ部分、
また違った部分などの差を発見できて
納得したり考えたり、の連続となりました。


物事を認識するためには、言語化が絶対条件です。
言語化されないというのは、誰にも認識されないのと同じことです。


おそらく本山先生にすればもっともベーシックなパターンだろうし、
他県の指導者たちからすれば当たり前の事だったかもしれません。
それでも、言語化されて認識できたことはとても大きかった。

本山先生は、Facebookで書かれたエッセイ?が1冊の本になるぐらい
言葉を操る力に富んだ先生です。
今回の講習会でも、様々なところからその一端を垣間見ることとなりました。
言葉の選び方、挟むタイミング、順序、言葉の発し方、
そして言葉と言葉の間の作り方。

疑問だったことが、本山先生によって言語化され
それが筋道通った説明で自分の中になだれ込んでくるようで
膝を叩きたくなるような事ばかりでした。

ただ、自分でそれらを扱えるようになるには
もう少しの考察と熟成が必要だと感じています。
本山先生の言葉はやはり先生の言葉であって
自分の言葉として説明できるようになって初めて
人に伝えられるようになるのかもしれません。


本山先生、
非常に有意義な時間をありがとうございました。
第2回目の指導者講習会も、とてもたのしみにしています。

「コーラス・どーなっつSUN」が終わりました(その1)


2016年10月8日~10日、中国・四国地方の大学合唱団の交流・勉強を目的とした
第3回目のコーラス・どーなっつ、「コーラス・どーなっつSUN」が行われました。
国立山口徳地少年自然の家でのリハーサルキャンプ、
防府市公会堂での演奏会を行い、135人の若者たちがステージに立ちました。

参加した合唱団は以下の通り。

山口大学混声合唱団(山口県)
広島大学合唱団(広島県)
広島大学東雲混声合唱団パストラール(広島県)
安田女子大学合唱研究会VividNova(広島県)
就実大学・就実短期大学グリークラブ(岡山県)
島根大学混声合唱団(島根県)
香川大学合唱団(香川県)
徳島大学リーダークライス(徳島県)
合唱団ぽっきり(広島県)
合唱団そうなそ(山口県)
Chorsal《コールサル》(愛媛県)

合計11団体。一大イベントとなりました。

わたしは昨年に引き続き、この大イベントに講師の1人として参加してきました。
28歳以下という年齢制限があるイベントですので、おっさんとしてはありがたい限りです。
他2人の指揮者は、
今や日本を代表する大合唱団となった
佐賀県のMODOKI指揮者である山本啓之先生、
広島県で、合唱団ぽっきり、室内合唱団零など多くの合唱団の指導し、
このイベントの最初の発起人でもある縄裕次郎先生です。
また客演ピアニストとして昨年に引き続き、
佐賀県で活動する鈴木めぐみ先生をお呼びしました。

合宿中では、3人の講師による「発声講座・指導者講座・外国語作品講座」が開かれたり
「実践指揮法講座」と題して、3グループに分けた中から希望者が指揮者として立候補し
それぞれにアドバイスを行った後、3日目の演奏会で指揮する指揮者を選ぶ、という
「小さな指揮者コンクール」的な講座もあったりしました。

それは、次世代を担う指揮者を育てるという意味合いと
学生指揮者のレベルアップを通じて、
大学合唱団自体に還元することを目的として行われています。

----

演奏会では、最終ステージで3人の講師がそれぞれ1曲ずつ選曲し
リハーサルキャンプを通じて練習、演奏会での本番を行いました。

Christus factus est(A.Bruckner) 指揮 山本啓之
群青(小田美樹)           指揮 縄裕次郎 ピアノ 鈴木めぐみ
生きる(三善晃)            指揮 大村善博 ピアノ 鈴木めぐみ

3日間のリハーサルキャンプですが、実質2日の合宿、
その中で数々の講座や交流会(飲み会)もあったりするので
1曲あたりの練習時間は2時間半程度となります。
時間のやり繰りが極めて厳しい中を、大学生たちはよく歌ったと思います。
特に、無伴奏の難曲ブルックナーを指揮した山本先生は素晴らしい。。。

(つづく)

第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その5・ラスト)


自分のコンクール本番などなどですっかり間が空いてしまいました。
そうこうしていたら、今度は今週末が中国合唱コンクール!
早く終わらせなければ…という事で、ラストです。

大学職場一般部門 混声合唱の部

3.Kammmerchor “Hiroshima Kantorei”(混声34)
(G1 / ラインベルガー “Messe in Es Cantus Missea” より “Credo”)


カントライは中国合唱コンクールへ出場を決めたので
感想は簡単に。。

この広島県コンクールで、広島カントライはコンクール大賞(理事長賞)を受賞しました。
個人的に、非常に感銘を受けた演奏でした。
昨年から合唱コンクールにエントリーしたのですが
惜しくも県大会止まりではあったのですが、
その時点ですでに優れた演奏をする団体でした。

課題曲・自由曲ともに、音楽が息づいているような演奏。
言葉の語感と音楽が共に脈動していて、聴いていて演奏に引き込まれました。
ラインベルガーのドッペルミサは、音楽のスケールの大きさに圧倒。
同時に、細やかさを感じる演奏でもありました。
それは、ミサ曲であっても言葉の語感をしっかりと作った上で
音世界の中に落とし込んでいるから。

中国合唱コンクールでも良い演奏となりますように!

----

ここでわたしは席をはずしてしまいました。
広島市役所合唱団の演奏が聴けずちょっと残念。
全国コンクールで職場の部があったころは中国支部の常連団体、
たくさんの作曲家の「エレミアの哀歌」を選曲するなど、こだわりの団体です。
来年聴けるといいな。。。


大学職場一般部門 同声合唱の部

2.コ-ル・ビビッド(女声18)
(F2 / 寺嶋陸也 「君死にたまふことなかれ」)


コール・ビビッドも、中国合唱コンクールへの出場を決めているので
感想は簡単に。

課題曲の山の歌第3番、歌詞がないヴォカリーズの作品ですが
ビビッドの持つ美しいサウンド感が音として構築されていき
立体感ある演奏と感じました。さすがの演奏。
自由曲、これは少々苦戦したような印象がありました。
テーマが重い作品を、どのように演奏に反映させるか?という部分で
どちらかというと、テキストの持つ意味よりも
美しい声・ハーモニーを聴かせる方を優先させたのかな?
さらに言葉・音の世界に踏み込めるかも?と感じました。
聴き手の耳を掴むのが上手い合唱団なので、更に…!と思うのです。

ただ、県コンクールから3週間程度経ったので、
すでにあの時のレベルとは違うところに行っているはず。
若い女性で構成されている合唱団だけに、
テキストの持つ重みをしっかりと咀嚼して演奏することに大きな意味があるかも。
今週末の本番で、納得の演奏が出来ますように!

----

以上、広島県合唱コンクールの感想はおしまいです。
いち地方の県大会ですが、レベルの高さに本当に驚きます。
ライバルがいるから切磋琢磨出来る。
そういう環境があるのは(競うのは大変ですが^-^;;)ありがたい事かもしれない。

そんなことを考えさせられた広島県合唱コンクールでした。
帰り道に、広島風お好み焼きをガッツリ食べて、
耳もお腹も大満足!!!

また来年、ぜひ聴きに行きたいな!

(おしまい)